理事長 明石 徹

令和3年度を振り返って

 2年目となるコロナ禍の行動制限の中、理事長を拝命し、組合事業で人を集めてよいものか悩みましたが、我々は日頃の業務で衛生管理を徹底している美容師なので、今できることをできる範囲でやろうと決意した一年でした。

 令和3年度通常総会総代会は感染対策を徹底して無事に開催され、新役員が選出されて新しい組合がスタートしました。

  また、全日本美容技術選手権大会の日程が決まったのを受けて、秋田県も選考会の開催に踏み切りましたが、コロナ禍でやむなく中止となり、と同時に全国大会も延期そして最終的に中止となってしまいました。

  TMモード発表普及講習会は、いつもの参加人数とはいきませんでしたが、2年ぶりに開催することができました。

  感染拡大がやや下火になった年明けには、新年経営講習会と昨年は開催できなかった懇親会で新年の挨拶を交わすことができたことは感慨深いものがありました。何より参加してくださった組合員の皆様が喜んでくれたことが、私にとっても大きな喜びでした。組合員の皆様に感謝申し上げます。